なりた歯科クリニック

  • 〒166-0003 杉並区高円寺南1丁目6-6
TEL
03-6383-1818
Webで日時予約

歯周病

歯周病MEDICAL

こんな症状はありませんか?

以下の症状にあてはまる方は、歯周病の可能性があります。
お早めにご相談ください。

  • 朝起きた時に、口の中がネバネバする
  • 歯を磨いた時に血が出る
  • 口臭が気になる
  • 歯と歯の間に食べ物が詰まりやすい
  • 硬いものを噛むと痛む
  • 以前に比べて歯が長くなったような気がする
  • 歯がグラグラする
  • 歯が浮いているような気がする
  • 歯茎が赤く腫れたり、膿が出る

歯周病とは

歯周病

歯周病は、虫歯よりも歯を失う確率の高い病気ですが、初期には“自覚症状が無い”ため、どうしても発見が遅れがちになります。歯周病の原因として歯の表面に絶えることなく形成される細菌性の膜をプラーク(歯垢)と呼びます。プラークには、1㎣あたりに10億もの細菌が潜んでいるとも言われています。このプラーク(歯垢)が歯周病の原因です。プラーク(歯垢)は歯の表面ででき、プラークからの毒素が歯ぐきにしみ込んでいきます。

こうして歯の磨き残し等で歯茎のまわりに残った大量のプラークが炎症を引き起こすのです。
プラークは本来歯と同じ色なので見つけるのが困難です。ネバネバですが軟らかく歯磨きで取り除くことができます。取り除かないと、石灰化して硬くなっていき、歯石がつくられます。歯石にはプラークが付きやすく、新しく軟らかいプラークがざらざらした歯石の上に急速に形成され、これが炎症を引き起こし進行していきます。

歯周病の治療は、SRP(スケーリング)や薬剤などを使用して病原菌を退治することが基本です。症状によっては外科的処置を行なうこともあります。
ただし、歯茎の奥深く付いた歯周病菌を全て無くすには、相当の時間と根気が必要となります。いつまでも丈夫な歯を保つためには、医院での定期健診と毎日のしっかりとした予防ケアが大切です。

歯周病の基本的な治療

歯周病治療は歯科医師による治療、歯科衛生士による専門的ケアと、患者さんによるホームケアで成り立つ共同作業です。この3つのどれが欠けても、治療の成功は難しいと言われています。患者さんの病気への理解がとても大切ですので、わかり易い説明を心がけています。

01
歯周病検査とブラッシング指導

歯ブラシ

最初に歯周病の進行状態を歯周ポケットの深さ、口腔内写真やレントゲン写真も撮影し診断します。また現状のブラッシングでどこが磨けていないのかをよく理解していただいた上で、効果的なブラッシング方法を学んでいきます。

02
スケーリング(歯石除去)

スケーリング

歯石は歯面に付着したプラークに唾液中のリン、カルシウムが混じって石灰化したものです。歯に付着しておりそれ自体の病原性はありませんが、表面がでこぼこしていて、歯垢が付きやすいため、一般的に超音波スケーラーやキュレットスケーラーを使用して取り除きます。

03
歯周外科(フラップ手術)

歯周外科

歯槽骨の破壊が大きく、歯周ポケットが深い場合には、ポケットの外から器具で歯垢や歯石を取り除くことは不可能です。このような場合には、歯肉を開いて歯根を露出させ、歯垢や歯石を取り除いて歯根の表面を滑らかに整えます。

04
メンテナンス

メンテナンス

治療が終わった後に継続して、良い状態を維持し、再発を防ぐことを言います。
そのためには、歯科医師のチェックと歯科衛生士による専門的なお口の清掃(クリーニング)を定期的に行います。
進行した歯周病の治療が終わった方は、1~3ヵ月のサイクルで来院し安定した歯茎の状態を管理していくことが大切です。当院では歯科医師と日本歯周病学会の認定歯科衛生士とで連携を取り、高度なチーム医療で専門的なケアを行っています。

予防歯科ページはこちら

重度歯周病への歯周組織再生療法

エムドゲイン

歯周組織再生療法とは歯周病の進行によって失ってしまった歯周組織(歯肉・歯槽骨・歯根膜・セメント質)を再生させようとする方法です。その方法は歯周外科治療を併用して行い、失った歯周組織の部分に再生療法の薬を添加したり、再生部分のスペースを作るために膜を設置したり様々な方法により組織の再生をはかります。当院では歯周再生療法にエムドゲインとリグロスという薬剤を使用しています。

リグロスは近年新しく開発された歯周組織再生剤で、bFGFという塩基性線維芽細胞増殖因子という成長因子が含まれています。成長因子により失った歯周組織部の未分化間葉系細胞や歯根膜由来の細胞(歯周組織に分化しうる細胞)の増殖を促進させたり、再生のための新しい血管を新生し、歯槽骨などの歯周組織が再生されます。

エムドゲインは、豚の歯を形成する際のたんぱく質で、短期間で骨を再生します。エムドゲインとはエナメルマトリックスたん白質を含むたん白質で、このたんぱく質に着目してスウェーデンのビオラ社が開発した歯周組織再生材料です。歯ぐきを切開した後、骨の溶けた部分にエムドゲインを塗布し、骨を再生させます。