なりた歯科クリニック

  • 〒166-0003 杉並区高円寺南1丁目6-6
TEL
03-6383-1818
Webで日時予約

入れ歯

入れ歯MEDICAL

大学病院で培った経験を生かして専門医が快適な入れ歯をお作りします

ご老人夫婦の写真など

現在日本にはどのくらい入れ歯を使っている方がいらっしゃるのでしょう?平成23年度の調査では85歳以上で総入れ歯装着者は50%以上、60歳以上で入れ歯人口は3600万人と言われています。以前に比べると歯を失ってしまう方が減ったとはいえ、まだまだ入れ歯に悩みを抱えていらっしゃる方が多いのが現状です。中には入れ歯で咬むと痛いもの、見た目が悪いものと諦めてしまっている方もいらっしゃると思います。当院では、入れ歯やかぶせ物、かみ合わせに関する専門学会である日本補綴(ほてつ)歯科学会の専門医が、入れ歯治療を担当いたします。大学病院で長く入れ歯治療や関連する研究を行っていた経験から、専門的な治療やアドバイスを行います。入れ歯に関するお悩みは、是非一度ご相談ください。

入れ歯を作るうえで大切なことをていねいに

日本では国民皆保険制度があることによって、患者さんごとに違うお口の形に合わせて入れ歯を作ることができます。しかし、入れ歯を痛くなく、咬めるようにつくることは決して簡単ではありません。快適な入れ歯を作るためには正確な診査、精度の高い治療技術、入れ歯を作る高い技工技術と、患者さんの入れ歯に対する正確な知識が必要です。なりた歯科クリニックでは、入れ歯を患者さんにとっての人工臓器として捉え、一つ一つ丁寧にお作りします。通常入れ歯の設計は技工士さんが行いますが、本院では入れ歯の設計も担当医が行い、入れ歯に精通した優秀な技工士と連携し精度の高い入れ歯を作製いたします。

歯科技工士との連携

患者さんそれぞれのお口に合った治療方法

ひとくちに入れ歯と言っても総入れ歯や部分入れ歯、保険のプラスチック製の入れ歯や保険外診療の金属の入れ歯、インプラントを利用した入れ歯など、さまざまな種類の入れ歯が存在します。また、患者さんのお口の中も顎堤(入れ歯が乗る歯ぐき)が大きい方、痩せてしまっている方、粘膜が傷つきやすい方、持病やお薬で唾液があまり出ない方など、患者さんによって状態はさまざまです。当院では患者さんのご希望や状態に合わせて治療の方法を変えたり、入れ歯の種類を変えることで、患者さんに合ったオーダーメイドの入れ歯をお作りします。

当院の入れ歯メニューMENU

当院では、保険診療の入れ歯から金属の薄い入れ歯、特殊な入れ歯など様々な入れ歯のメニューを揃えております。

保険診療の入れ歯

レジン床義歯
レジン床義歯

歯科用のプラスチックであるレジンで土台(床)を作ります。保険診療のため治療費が安く、適用範囲は広くほとんどの症例に使用することが出来ます。デメリットは、入れ歯を支える金具が目立ってしまうこと、強度を確保するために土台の厚みを持たせることで使用時に違和感が出てしまうことです。また、すべてプラスチックでできておりますので汚れが付きやすく、強度が低いのも特徴です。

保険外診療の入れ歯

保険外診療の入れ歯は、費用は高額になりますが材料やデザインに制限がないため、歯にかかるバネを目立たなくしたり、薄くて軽い、違和感の少ない入れ歯を作ることができます。またインプラントを利用したり、先端技術を応用した入れ歯を作ることができます。

ジルコニア床義歯
ジルコニア床義歯

白い金属ともいわれるジルコニアで土台(床)を作ります。費用は比較的高額になりますが、金属アレルギーや体への影響は少なく、腐食や変色は起こりません。

チタン床義歯
チタン床義歯

チタンで土台(床)を作ります。チタンは体の中に埋め込むことが出来るほど安全性の高い金属で、安心して長く使用できます。強度が高いので薄くすることができ、また非常に軽いことが特徴です。お口に密着するような精度の高い入れ歯を作ることができます。

コバルトクロム床義歯
コバルトクロム床義歯

コバルトクロムで土台(床)を作ります。コバルトクロムは義歯素材として長い歴史のある安心できる素材です。強度が高く耐久性と快適性に優れており、金属床の中では比較的安価で製作できます。

コンフォートデンチャー
コンフォートデンチャー

土台(床)の一部をシリコーンで作る入れ歯です。通常、入れ歯の硬いプラスチックでできた歯茎に当たる面を、特殊な柔らかさが持続するシリコーンで作製します。このクッションが入れ歯の歯ぐきにかかる圧力を軽減し、噛んだときの痛みをやわらげます。歯ぐきが極端に減っていて傷つきやすく、何度入れ歯を作り直してもうまくいかない方にお勧めです。金属の入れ歯と併用することもできます。

インプラントオーバーデンチャー
インプラントオーバーデンチャー

総入れ歯でお困りのほとんどの方が、顎の骨がやせてしまい、入れ歯の調整により入れ歯を安定させることが困難なため、しっかり噛めないまま我慢して入れ歯を使用しています。インプラントオーバーデンチャーとは、インプラントの土台の上に特殊なクリップをつけて入れ歯を固定する治療方法です。インプラント手術が必要になりますが、治療効果は高く、入れ歯の安定感が飛躍的に向上します。また、著しく骨がやせてしまった患者様にも適応できる場合があります。

失われた歯すべてをインプラントで治すとたくさんのインプラントの本数が必要になり、治療費も高額になります。インプラントオーバーデンチャーでの治療は下顎であれば2本から治療できるので治療費を抑えて良好な結果が得られます。当院の院長は日本口腔インプラント学会専門医と日本補綴歯科学会専門医を取得しており、二つの専門分野からのアプローチで安全性に重点を置いた質の高い治療をご提供します。